ホーム  >  病院のご案内  >  病院理念・概要・沿革

病院理念・概要・沿革

病院理念

「地域住民に親しまれ、信頼される病院」

基本方針

  1. 患者さん本位の医療を提供します。
  2. 地域との連携を推進します。
  3. 地域に貢献する病院を目指します。
  4. 健全な経営の確保に努めます。
  5. 病院内部の人材を育成します。

病院概要

名称 日南市立中部病院
所在地 〒889-3141
宮崎県日南市大堂津五丁目10番1号
TEL:0987-27-1111
FAX:0987-27-2479
開設者 日南市
開設年月日 平成21年3月30日
病院長名 竹中 晃司
診療科目 内科、外科、整形外科、リハビリテーション科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科
許可病床数 88床(一般病床88床)
入院基本料 一般病棟入院基本料(10対1入院基本料)
職員数 145名(平成27年4月現在)
(医師8名、看護職員59名、コメディカル30名、事務職員他48名)

沿革

当病院は昭和27年8月、当時の南那珂郡細田町及び南郷町が共同で設置した南那珂中部健康保険直営診療所一部事務組合(特別地方公共団体)によって、組合立中部国保診療所として開設されて以来、診療科の増設、病院規模の拡大等、施設設備の拡充整備を図り、地域住民の医療の確保と医療水準の向上に努力を重ね、今日に至っています。また、平成21年3月30日に日南市、南郷町、北郷町の市町合併により日南市立中部病院となりました。

昭和 26年 9月 南那珂中部健康保険直営診療所
一部事務組合設置(宮崎県知事許可)
旧中部病院写真
  27年 8月 診療開始(内科、小児科、外科、産婦人科)
  28年 4月 国民健康保険直営病院に名称変更(内科、小児科、外科、産婦人科)
  28年 6月 病棟ほか付属建物及び医療機器整備を完了
  28年 10月 診療科目に放射線科追加
  30年 2月 細田町、日南市に合併により病院組織は日南市、南郷町となる
  38年 3月 診療本館、医師住宅の増改築等及び医療機器整備
診療科目は内科、外科、小児科、整形外科、耳鼻咽喉科、放射線科となる
  46年 11月 病棟移転改築工事に着工(昭和46年、47年度継続事業)
  47年 7月 病棟移転改築工事完成(管理棟、医師住宅、テレビX線設備)
  51年 4月 糖尿病教室開始
  55年 10月 全身用CTスキャナ設置
  55年 12月 テレビX線装置設置
  58年 11月 レセプト事務、薬品管理、会計へコンピューター導入
  63年 4月 訪問看護開始
平成 元年 1月 眼科開設
  元年 3月 診療本館改修、ナースステーション増設
  元年 12月 基本看護承認
  2年 6月 酒谷診療所開設
  2年 9月 耳鼻咽喉科開設
  3年 5月 基準看護特1類承認
  3年 5月 第1回ふれあい健康教室開催
  4年 10月 病院創立40周年記念事業
  4年 10月 CTスキャナ更新
  5年 8月 基準看護特2類承認
  6年 6月 完全週休二日制実施
  7年 4月 地域医療科設置
  10年 4月 医師住宅完成(鉄筋コンクリート2階建、6戸)
  10年 9月 病院改築工事着工(平成10年、11年度継続事業)
  11年 12月 新病院へ移転、入院外来診療開始
一般病床94床、結核病床5床許可
リハビリテーション科開設
  12年 2月 病院改築工事完成
新中部病院写真
  16年 12月 電子カルテ導入
  17年 1月 院内処方から院外処方に変更
  19年 4月 2階病棟を回復期リハビリテーション病棟に転換
  21年 3月 日南市、南郷町、北郷町合併により病院組織は日南市となる
日南市立中部病院に名称変更
  21年 10月 一般病床88床、結核病床5床に病床数変更
  27年 10月 一般病床88床に病床数変更(結核病棟廃止)