ホーム > 新着情報一覧 > リハビリテーションセンターが完成しました

新着情報詳細

投稿日時: 2016年11月18日

リハビリテーションセンターが完成しました

 

リハビリテーションセンターが完成しました

 リハビリテーションセンターが、10月に完成いたしました。
 このリハビリセンター内で理学、作業、言語聴覚療法や診察をすべて行うことができるようになりました。
 また、待合室での混雑をさけるため、旧休憩室からリハビリセンターをつなぐ渡り廊下もできました。
 
 
   リハビリテーションセンターの概要
   建  物
    構  造: 鉄筋コンクリート造(屋根:1部鉄骨トラス)平屋建 
  延べ面積: 513.75
  
 渡り廊下
  構  造: 鉄骨造 平屋建
  延べ面積: 94.96

                

           外壁の色が明るい白系ピンクのリハビリテーションセンター

           柔らかい優しい印象の色です。

 

   センターフロアーでのリハビリの様子     

   作業、言語聴覚療法ができる個室 

 
居住空間のある生活機能訓練室
 
 
病院本館とリハビリテーションセンターをつなぐ渡り廊下  
 
 
階段などの野外機能訓練場

 

 
 〜リハビリテーションセンターの完成にあたりまして〜
当病院は、平成11年12月にリハビリテーション科を開設し、平成19年4月
からは、県南唯一の回復期におけるリハビリテーション医療を開始しました。
患者さまの「日常生活の自立」を目標としているリハビリテーション医療は、地域
ニーズに合致し、当病院にとってとても重要性が高いものであります。
しかしながら、従前のリハビリテーション室は狭く、十分なリハビリテーション
医療の提供ができなかったため、2階・3階病棟の一部を使用するなど不便で効率の
悪い状況となっていました。これらのことからリハビリテーションセンターの建設を
進めることとなり、今回の完成となりました。
今後は、患者さまへのリハビリテーション医療が、より充実したものになるものと期待しています。                 
 
             平成28年11月  
          日南市立中部病院 
           開設者 日南市長 田 恭平
            病院長  竹中 晃司

 




投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。